務台俊介 東大卒 おんぶ 長靴 業界 活性化 失言 陳謝 再び.jpg

画像は"https://goo.gl/KbcW7k"より。

東大卒だからといって、何を発言してもよいわけではない。
務台俊介内閣府政務官は岩手県の台風災害の被害状況を昨年9月に視察した。
この時なぜか、務台俊介氏はごく普通の革靴で参加していた。

外見上、作業服のようなものを着て、ヘルメットもかぶっていたりしたのだが、足元まで気が回らなかった?

大きな水たまりがあったのを、靴では通れず困っていたところ、岩手の職員におんぶされてわたることに。
この『おんぶ画像』がネット等で拡散して、炎上する結果となった。


この時も、自民党内からかなり厳しい叱責の声が上がって猛省を促されたのであった。


ところが、3月8日に都内で開かれた自身の政治資金パーティで「長靴業界は儲かったのでは?」などと発言。

またまた、炎上の憂き目をみることとなった。


菅義偉官房長官、松本純防災担当相、今村雅弘復興相各氏から厳重注意を受けたことを自虐的に説明した。
マスコミからの進退についての質問に対しては「今の職責を全うしたい」とだけ強調した。
まだまだ、辞める気はないようである...

< 関連記事 >

務台俊介内閣府政務官が被災地視察で水たまりをおんぶで渡る!
民進党の安住淳国対委員長が被災地革靴を批判。民進も革靴多数!

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ