大山次郎 木暮克洋 渡辺明竜王 弁護する ホームページ 削除前 魚拓.jpg

画像は"https://goo.gl/YTKDPz"より。

大山滋郎弁護士と木暮克洋観戦記者とのつながりは、どうやら東大将棋部にさかのぼるようである。
そして、木暮克洋記者から依頼を受けた大山滋郎弁護士は、自身の事務所のホームページに「渡辺明竜王を弁護する」という記事を、当初はトップページに掲げていたようである。
文書は、掲載の直後からTwitter などで評判となり、一時は『怪文書』扱いにさえされるありさまに。

魚拓のため、いつまで掲載されているかわからないが、一応こんな内容だったことが現時点では見て取れる。


『三浦九段不正疑惑について、渡辺明竜王を弁護する』

http://megalodon.jp/2017-0226-1408-55/www.keijibengo.com/9901/index.html

結局、反響の大きさに「抗議のメールや電話が多数あり、業務に影響があったため、依頼者にも了解してもらって削除した」と大山滋郎事務所は回答している。
まあ、しかし、掲載が2月26日の日曜日であり、たいていの弁護士事務所は業務を休んでいるのが通例であろう。
(大山滋郎事務所は、日曜日でもフル稼働しているような大事務所なのかもしれないが...)

また、翌日に日本将棋連盟の臨時総会を控えており、谷川浩二、島朗の両トップに続いて残った5人の理事の解任問題も控えていたのである。
ここは、どこからか?例えば日本将棋連盟の顧問弁護士などから「現時点では、ことを荒立てないで欲しい」などのリクエストが出たのではないか?
そんな背景を考えたりするのだが、どうだろうか?

この解任動議だが、三浦おろしに賛同したとされる青野専務理事、中川大輔常務理事、片上大輔常務理事の3理事が解任されることで決着した。
(発表によると、解任の投票はかなりの僅差であったと報告されている)





三浦弘行九段の出場停止処分が常務会だけで決められ、説明が果たされないことへの不満が募っていたとの報道もある。
----

(追記)

別サイトによると、上記の大山滋郎サイトに掲載された説明文のPDFの一部が、渡辺明名義のクレジットが入っていたとのことである。
この指摘を受けての削除ではないか?との憶測もある。

< 関連記事 >

谷川将棋連盟会長の兄がスマホ疑惑問題に言及。渡辺竜王は廃業だ
渡辺明竜王がブログで謝罪も炎上か?竜王の早まった行動に批判
竜王戦騒動の後日談。『スマホ使用相手とは対戦出来ない』の不審
三浦弘之九段の復帰戦は羽生善治と決定!実力を発揮できるか?!
谷川浩二会長が辞任か?三浦弘之九段のスマホ不正使用疑惑騒動で
渡辺明竜王が就位式で三浦九段に謝罪。トーンダウンの理由は?

< スポンサードリンク >

 タグ